祇園祭2021 は巡行なしだって!!

疫病退散の願いを込めて

夜中の大雨は明け方にすっかり止んで
暑い空気が漂っています

今日は朝から暑いです〜
気付けばもう7月も中旬になっていて
京都ではそろそろ祇園祭の準備が・・・

昨年はコロナの影響で中止になりました
今年も山鉾巡行は無さそうです⤵️

でも鉾の組立だけは進んでいるようです
あの大きな山鉾を間近で見ると感動✨
釘も使わずこんな大きな物が作れるとは


山鉾の側に行ってみると大きな車輪が
それぞれの鉾から『コンコンチキチン』
のお囃子が聞こえてきます

それを聞くだけでウキウキするんです
小さな頃から聞いているからでしょうか

心というか脳の記憶の部分に働きかけ
幼い頃を思い出すのかも知れません


祇園祭ってただのお祭りじゃないんです
家族やカップルで楽しく騒いだりって
楽しんでいたんですけどね

本来、祇園祭は「疫病退散」の願いが
込められているんです

長刀鉾の大きな長刀やお稚児さんたちの
舞にはそんな願いが込められています

山鉾で頂く【ちまき】
子どもの日に食べるちまきとは違います
こちらは食べられません

わらをクマザサで巻いて「悪病災難解除」
と書かれた短冊が付けられます
「縁結」とかもあったような気もします


この作業はそれぞれの神社の社務所や
保存会の皆さんが長い時間と手間暇を
かけて作られます

大切に持ち帰っておうちの玄関先や会社
の入り口などにも願いを込めて飾ります


去年と同じように歩行者天国にはならず
露天も今のところ出ないようですが
コンチキチンを聞きながら鉾を見る

そしてちまきを買っておうちに飾る
疫病退散の願いを込めて


この願いがどうか届きますように✨✨

今日もありがとう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA