衝撃的な事件過ぎる

そしてまた、いつも通りの生活が

今までも有名人の訃報とか
たくさん耳に入ってきたけど

今回はさすがに衝撃が強すぎる・・・


テレビも昨夜はほとんど
これ関連の情報ばかり

何となく観たくなくて
違う番組が流れている局を探す


朝もそのニュースから始まる

観なけりゃいいのに観てしまう私

銃撃した人の暮らしなんかも
報道されていて


お母さんと宗教団体の関係から
自分の人生が狂ってしまったようで

母親が多額のお金をその団体におさめ
色んなツラい思いもしていたとか


だからと言ってこんな事
許されるわけないけど

もう思考回路が停止していたのかな

恨むならその団体やお母さんであり
その団体と親しかったから、という
だけの理由で狙うべき相手じゃない

怒りの矛先を冷静に判断出来ないほど
精神的にもダメージを受けていたのか

自分が何に対して怒っているのか
見失ってしまったのか

今までの暮らしの中で
どれだけ悶々としてきたのかな


そしてネットで調べて銃を作るとか
その才能、他で使えなかったかな

犯罪を犯してしまう人の経歴や
頭脳的な犯行が報道されるたびに
感じる違和感

その知識や才能をどこか発揮する
場が与えられていたら

他に必要とされる場があれば
こんなこと考えなかったのかもって


逮捕されて刑務所に入りたかったと
女子高生か女子中学生を刺した
あの犯人とは全然違う

2歳の子を家のベビーベッドを囲い
放置したあの人達とは違う


許されない事だけど
そんな自分勝手な犯罪ではないと
私は感じた

親の宗教団体との関わり方や
やるせない気持ちを吐き出せる人が
近くにいたら違ったのかも

いけない事をしてしまったんだけど
その背景に社会問題が潜んでるような


『護られなかった者たちへ』
あの映画で観た社会問題と殺人事件の
話を思い出した

本人一人ではどうしようもない
日々の生活に潜む問題に押しつぶされ
沸いてきた殺意?

犯罪者の見方をするわけではないけど
なんかモヤモヤ感が私の中に


そしてネットで銃が作れるんだと知り
模倣犯が出てこないかも心配される

情報は使い方により
良い方向にも悪い方向にも進む

もっと注意深くならなくては・・・


なんとなく今日は情報を吸収したくなく
デジタルデトックスデーとなった

とは言え、また夜にはテレビを
ポチッとつけてしまうんだろうけど・・

そしてまた、いつも通りの生活が始まる

今日もありがとう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA