大切な想い

ちなみに母はダイエットには反対だった
いつも いっぱい食べ〜!と
あまり痩せると母は悲しむであろう

1ヶ月に一度の癒しの空間へ
お顔剃りエステのお楽しみ
お顔のムダ毛を剃りつつ古くなった角質を除去してもらう
お肌は28日周期でターンオーバーとやらを繰り返しているとか
年齢とともに周期は遅くなるそうで

それを促すためにも?
月1で通うのだ
もう3年くらいになるかなー

母が亡くなる数ヶ月前
何気ない会話の中で 私にはいつまでもお洒落して綺麗でいて欲しいと呟いた
こんなに早く逝ってしまうとは思わなかったので聞き流していた

平日に母の様子を見に行くときは仕事帰りで疲れてヨレヨレの格好で 買い物ついでや息子たちの送迎前後でバタバタして数分のホントに顔を見るだけだった
たまに休日 出掛けるときはお洒落だった母は綺麗にメイクをして素敵なバッグを持ったりして まだまだ可愛い女性に見えた

私も普段とは多少違う洋服でメイクも落ちる前の顔を見せたので 嬉しそうだった
平日には出会うことのない実家のご近所さんが時々 娘さん綺麗にしてはるね〜なんて社交辞令であろう褒め言葉を頂いたりした

そんな時 決まって母は私より嬉しそうな顔をして喜んでいた
ある日何かの話の流れで いつまでもキレイにお洒落しといてや と母は言った

四十九日の法要を済ませ実家を片付けていると 母のメイク道具や洋服 ウィッグなどたくさん出てきた
いつまでも女子だったんだなーと思った
帰りに郵便受けに入っていたのが そのお顔剃りのショップのチラシだった

それまでは美容室も1年に2回程度しか行かず美容とは程遠い生活を送っていた私
母の期待に応える事もなく親孝行もまだまだたりなかった私
そのチラシを見て母の言葉を思い出した
母が遺してくれた大切なお金で少しでも喜んでもらえるように自分を磨いてみようかと思ったのがきっかけだった

今は美容室も2ヶ月に1度くらい行くようになったし お顔剃りもしているし やつれている顔はしていないと思うので喜んでくれているかな

ちなみに母はダイエットには反対だった
いつも いっぱい食べ〜!と
あまり痩せると母は悲しむであろう
どの程度のポッチャリおでぶで停滞するか悩みどころである

今日もありがとう(^ ^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA